海外Wi-Fiルーター無線LANのレンタル料金とパケ死体験談

スポンサーリンク



2016-08-17 15-10-16

まず、いつも行ってるグアムですが、グアム島で使うインターネット回線は2015年時点で一番安いのがグローバルWi-Fiのモバイルルーターです。グローバルWi-Fi詳細ページ

渡航前にいつも使ってるスマホ(iPhone)のローミングにするか迷いがちですが、結論からいうと

旅行程度ならルーター借りたほうが安くて回線も速いです。




海外Wifiルーターのレンタル料金グローバルWi-Fi

海外の渡航先(国)によって日額の利用料金は異なります。

下記は最安値のグローバルデータのレンタル料金を元に国名を表記しております。

貸し出し対象が Mifi(無線LANルータータイプ)かUSB差込みタイプによっても値段が違ってきます。iPhoneやスマートフォンのほかiPadなどのタブレットPC、そし てノートパソコン他が接続可能です。

最大5台接続が可能なモバイルルーターなので仲間同士で1個の端末を借りるだけでも十分利用価値は高いと喜ばれています。

2014年以降はLTE対応4Gで高速通信です。

2016-08-17 15-10-30

ウチがいつも使う最安プラン

2015-08-01 22-15-01 2015-08-01 22-15-19 2015-08-01 22-16-32 2015-08-01 22-18-31昨年(2014年)は充電器もセットで借りたけど使わなかったので今回(2015年)は一番シンプルなプランで申し込み。

グアムの場合4泊5日で8000円強、5泊6日で1万円程度です。

家族みんなでスマホとかインターネット回線使うのでお得です。

ちなみにタモンの街中で別行動するときは国際ローミングで通話オンリーの着信にしてます。

グローバルWi-Fiの他国の料金も以下にメモっておきます。

渡航先が1カ国の場合の料金一覧

渡航先が二カ国以上の場合はこちらをご参照ください。
グローバルデータ詳細ページ

海外渡航先A

680円/日wifi(Mifi)|480円/日USB
インド 韓国 タイ 台湾 中国 フィリピン 香港 マレーシア

海外渡航先B(グアムはここです)

980円/日wifi|780円/日USB
アメリカ アラスカ イギリス イタリア インドネシア オーストラリア カナダ カンボジ グアム サイパン シンガポール ドイツ ニュージーランド フランス ベトナム マカオ

海外渡航先C

1280円/日wifi|1080円/日USB
アイルランド アラブ首長国連邦 アルゼンチン イスラエル オランダ オーストリア スイス スウェーデン スペイン スリランカ チェコ共和国 ブラジル ベルギー ポーランド メキシコ ロシア 南アフリカ共和国 日本

※各基本料金にオプションをつけた場合料金は変わります。

借り方はかんたん

ネットで申し込んで空港ロビーで受け取るだけ

(写真関西国際空港 1FロビーのグローバルWi-Fiカウンター)

2015-07-23_14-52-20

返す時は24時間BOXがあるのでレンタルビデオを返却する要領でほりこむだけです。

2015-07-23_14-52-34貸出も返却も超速スピーディーなグローバルWi-Fiさんにはあの事件以来いつもお世話になってます。

あの事件というのがが以下。。

パケ死に要注意!海外でインターネット回線使うならWi-Fiレンタルが安心

海外旅行や出張の際、日本国内で契約して普段使っているスマートフォンやタブレットなどの回線をそのまま持ち込み国際ローミングをしていると滞在日数やちょっとした使い方によっては膨大な利用料金になることがあります。

グアムのWi-Fiレンタル料金 また、キャリアの提携するローミングエリアから外れてしまった場合、とんでもないパケット料金が発生することもしばしばあります(FacebookやTwitterなど読み込みの多いサービスを使う方は要注意です)。

もっと国際的にインターネット回線が自由で安く使い回せたら言うこと無いのですが、現時点(2014年)ではまだ、割高な国際ローミングをを使ってiPhoneやスマホでのネットワーク利用するしかないのが現状です。

お得な使い方をする人は、、

個人的に面倒だと思って海外出張の際、iPhoneと2台目のスマホに関しては、いつもローミングで間に合わせていたのですが、同行したスタッフが空港でMifi(無線LAN)をレンタルしていたのです(Mifiとはモバイルルーター型Wifi端末のことです)。

面倒な貸し出しに加え返却も伴うので抵抗感をもちながら見ていたのですが、結局ハワイ、サンフランシスコ、ロサンゼルスと移動が多い仕事だったため、ローミングのiPhoneもスマホも電波が届かないシーンがちらほら。

一方、スタッフのほうはノートパソコンに加え、iPhoneもWi-Fi接続でほぼ活動範囲全域でネット通信をしていた。

問題は利用料金

この出張、2週間の米国内滞在でしたが、私個人のiPhoneのパケット通信料が気になり、帰国後調べると、なんと118,000円もの請求額 いわゆるパケ死。(に近い状態でした 汗;)

一度だけローミングエリアから外れたところでFacebookなどのプッシュ通知を受け取り続けていたようで、予期せぬ高額な出費となりました

一方スタッフの場合、mifiレンタル料金は固定で渡航先での定額料金は1日980円

パケ死体験談彼の場合、980円×日数分で済んだようだ。余計なオプションもつけておらずエネループで常時充電していたようではありますが、彼のネット回線は旅程中切れること無くつながっていたようです。

このように日本の携帯電話キャリアの端末を海外で使う場合はモバイルデータ通信端末を別途用意してwifi接続で利用するのが最もお得で安心、かつ安定しているという現実を目の当たりにしました。

通信も安定して料金も格安のものがあるのに使わないほうがおかしかったと後悔しておりました。

これから海外へ向かわれる方へ

成田空港のほか、羽田、関西国際空港、福岡空港など全国の多くの国際空港でmifiレンタル可能なので渡航の際はギリギリでも申込できるので是非グローバルWi-Fiで快適な海外ネットライフをお楽しみください。

グアムには毎回持って行ってます。

一番安定してる回線だと思いますよ。

グローバルデータのwifiレンタル詳細はこちら