グアム旅行の海外旅行保険はクレジットカード自動付帯がお得

スポンサーリンク



グアム旅行に際して海外旅行保険を考える場合、クレジットカード付帯の海外旅行保険で十分

お手持ちのクレジットカードで海外旅行保険が自動付帯されているカードがあれば、万一のことがあってもカード保険でまかなうことができるので経済的にお得です。

もし海外旅行保険が付帯されてるグレードのカードかどうか不明なときはこのお得なカードを使うといいです。持ってないと損なくらいです。




おすすめのクレジットカード

年会費が無料にもかかわらず、海外旅行保険が自動付帯となっているクレジットカード、そんなお得なカードは今は殆ど無いのですが、ギリギリ今も作れるカードとして代表的なものはこれです。

  • 年会費無料
  • 入会金無料
  • 海外旅行保険は自動付帯

なので、

余計な負担なしに自動的に海外旅行保険を付帯できます。

エポスカード詳細はこちら>>

入会金も年会費も無料

海外旅行保険は自動付帯で安心

グアムの傷害治療費は高額すぎる

保険の項目でポイントとなるのはケガと病気の治療費「傷害治療」と「疾病治療」をどこまでカバーできるか?が重要です。

グアムは日本と違い健康保険による負担減などがありません。そのためちょっと体調不良で病院で診てもらうだけでも数万円かかります。また、大きな手術を伴うような傷害治療疾病治療の医療費は100万円を有に超える例が多く付帯保険の保障だけでは不足する可能性が高いので注意が必要です。

ちなみに、保険の補償条件の良いカードを2~3枚保持することで、その額をまかなうことが可能な場合もあるので複数カードを持つことで多少なりとも不安は減ります。

例(今お手持ちのゴールドカードとエポスカードの組み合わせ等)

保険の保証内容において傷害死亡の金額がいくら高くても、実際に生きながら支払いが発生する「傷害治療」と「疾病治療」の金額が低かったり付いていないカードは海外旅行保険としては不安が残るので考え直したいものです。

クレカ付帯保険ではカバーされない分野

クレジットカード付帯の海外旅行保険では、大きな疾病など保障が不十分な場合もあるため、万が一を想定して以下の項目にも気をつけておきましょう。

疾病死亡・歯科治療

渡航先で病気にかかり死亡した場合の疾病死亡

渡航先で虫歯になり歯科治療を受けた場合

これらは付帯保険ではカバーできないジャンルとなります。

ケースとしてはレアだと思います。

グアムの病院 旅行者用クリニックはこちら

海外旅行に向いたクレジットカード

無料で海外旅行保険がついてくるクレジットカードの存在は海外旅行へ行くなら絶対に知っておかないと損です。

海外旅行保険については基本的には個別で加入するのがベストですが、グアム旅行の場合は比較的治安が良く宿泊日数も短めの場合が多いですよね。

そのためわざわざ個別で海外旅行保険に加入しない人も多いです。

とはいえ、

グアム(米国)の医療費はかなり高額で、もしグアム旅行中に風邪で病院にかかった場合、100ドル以上は覚悟しないといけません。さらに大怪我なんてすると100万円以上の治療費が請求されて。。

大怪我は特に注意するとして、常夏の島グアムですが冷房が強く室内で風邪を引かないためにも注意が必要ですね。

万が一のためにもクレジットカードに付帯する無料の海外旅行保険があると安心です。

とりあえずお金をかけたくない人は、今すぐ発行できる

  • 入会金無料
  • 自動付帯の海外旅行保険
  • 年会費も無料

このカードだけでも持っておけば安心感は大幅アップです。

エポスカード詳細はこちら>>

入会金も年会費も無料

海外旅行保険は自動付帯で安心

カードに付帯する海外旅行保険の基礎知識

自動付帯と利用付帯

クレジットカードに付帯する海外旅行保険には自動付帯と利用付帯の2種類のタイプがあります。

利用付帯の場合

旅行代金(または代金の一部)をそのカードで支払っていないと保険が適用されません(ちなみに、楽天カードについている海外旅行保険は利用付帯になります。)

自動付帯の場合

一方、自動付帯の場合は、カード一度も利用したことがなくても、旅行先に持っていかなくても自動で保険が適用されます。

つまり、自動付帯の場合はそのクレジットカードを保有しているだけで海外旅行傷害保険が付くのですから、持たない手はないということになります。

海外旅行保険によく行く予定があるなら海外旅行保険が自動付帯のクレジットカードを選ぶのが絶対にお得だということです。

海外旅行保険の保証金額は合算可能

海外旅行保険が付帯する複数のクレジットカードを持っている場合、「傷害死亡」「傷害後遺障害」については、持っているカードの保証額においての最高額が適用されます。

それに対し、それ以外の補償(「傷害治療」「疾病治療」「賠償責任」「携行品被害」「救援者費用」)については保障金額を合算することができます。

もちろん、実際にかかった費用が上限ではありますが、持っていれば持っている分加算されるので、クレジットカードを複数持つ意味が出てきます。

その際、カード発行会社カードの裏面に書いてあるお問い合わせ先が重複すると、保険金が加算されない場合がありますので、ダブらないように持つのがポイントです。

エポスカード詳細はこちら>>

入会金も年会費も無料

海外旅行保険は自動付帯で安心

海外旅行保険が自動付帯するカード(その2)

年会費無料のJACCS横浜インビテーションカードはさらに国内旅行も補償。

こちらのカードなら年会費無料で海外も国内旅行も対応できる傷害保険付きです。

詳細>>>

JACCS横浜インビテーションカードの保証内容はこちら